レイクの「無利息期間」を利用すれば金利は0%

レイクの貸出金利は貸出金額によって4.5%〜18.0%になっています。金額ごとの貸出金利は100万円未満の場合は15.0%〜18.0%、100万円〜200万円は12.0%〜15.0%、200万円超〜300万円は9.0%〜15.0%、300万円超〜400万円は7.0%、400万円超〜500万円が4.5%となっています。なお、一度設定された金利が以後も適用されるため、追加で借り入れた金額が少なくても金利が上がることはありません。

 

ちなみに、カードローン利用者の借入金額の90%以上は50万円以下の少額になっています。その金額におけるレイクの貸出金利は18%です。レイクは新生銀行のカードローンですが、他の都市銀行より貸出金利が高く、カードローンの内容は消費者金融とほぼ同じになっています。

 

 

ところで、貸出金利における利息の計算方法を知らない人が少なくありません。カードローンの利息は日割り計算になっており、利息は「利用金額×金利÷365日×利用日数」という式で表します。例えば、金利18%で20万円を借り入れ、20日後に返済したとします。その場合の利息は、20万円×18.0%÷365日×20日間という式から1,972円になります。

 

なお、レイクは初めての契約者に対し、「借入額全額が30日間無利息」と「借入額の内5万円が180日間無利息」いう2つの無利息期間のサービスを提供しています。従って、無利息期間のサービスを上手に活用すれば、借入額に対して利息を支払わずに済みます。

 

さらに、レイクには消費者金融のカードローンには無い最大のメリットとして、セブンイレブンやローソン、Eネット(ファミリーマート、サンクス、ミニストップなど)のATMの手数料が無料ということがあります。ATMの手数料を合計すると、借入金の利息より高い金額になることが少なくなく、手数料が無料というのは最もお得なサービスと言えます。